善玉菌を増やして腸内環境を改善

善玉菌を増やして腸内環境を改善

 

便秘に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。便秘が続くと免疫力が低下したり肌が荒れたり口臭や体臭の原因になったりなど、体に様々な悪影響を及ぼします。

 

便秘を解消させるためには腸内環境を改善させる必要があります。

 

腸内環境を改善させるためには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが重要になります。

 

私の場合は、偏った食生活が原因であると自覚しているので、食生活を見直して腸内環境を改善させることに努めました。

 

まずは、毎日3食きちんと食べることを心がけました。ビタミンやミネラルやタンパク質をバランスよく摂取し、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす働きのあるヨーグルトを朝晩100グラムずつ欠かさずに食べました。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は生きて腸まで届くことで効果を発揮します。そのためには胃酸の分泌が少ない食後に摂取するのが効果的なのです。

 

さらに、オリゴ糖と一緒に摂取することで善玉菌をさらに増やすことができるので、オリゴ糖を多く含むバナナやリンゴも積極的に食べました。

 

オリゴ糖を配合している甘味料を無糖のヨーグルトにまぜて食べることもあります。そして、食物繊維の摂取も心がけました。食物繊維は消化されにくく腸で水分を吸収して便の量を増やす働きがあります。

 

ですので、食物繊維と一緒にたくさん水を飲むことも心がけました。1日2リットルは飲んでいます。便の量が増えることで排便をスムーズにさせる効果があります。食生活を見直すだけで腸内環境が改善されて毎日すっきり出るようになりました。